感銘を受けた本

こんばんは!

前回お話しさせて頂きましたが

今回の投稿はTwitterにupしていた文章を

引用したものです。

いつも長々と申し訳ありませんが

今回もお読み頂けると幸いです。

では、どうぞ!

 

皆様、この本ご存知ですか?(^^)

 

「フランス人は10着しか服を持たない」

 

f:id:saqix:20191212205843j:image

 

ずいぶん前に流行っていたので

ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

 

私とこの本との出会いは

とある本屋さんでした。

面陳されていたこの本を見た時

目が釘付けになりました!

何に釘付けになったか?

それは…

「えっ?10着?10着ってどういう事?

   少ないんちゃう?」

 

そうなんです!

本のタイトルに釘付けになったんです!

気になって仕方なくなった私は

その場で数ページ読み進める事にしました。

(ゴメンなさい(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)  )

 

そのうち、「何て面白い本なんだろう?」と

だんだん楽しくなってきてる

自分がいる事に気付きました。

そして「この本、自宅でゆっくり読もう♫」

と考え、購入させて頂きました。

 

何が面白いと思ったんだろう?

その当時は、

・「人は人、自分は自分」という考え

・不要な物を処分させて頂くと心が軽くなる

・1回1回の食事を大切にする

という考えに、感銘を受けました。

(実際に自分の意見を言えるようになろうと

思い立ち、ネットでその方法を調べる。

不要になった衣類、物を処分させて頂き

本当に気持ちがスッキリ!

よく噛んで食べる!を実践しました。)

 

面白い!と感じたのは

その時は真逆だった自分からしてみれば

自分を大切にしながら過ごしてらっしゃる

本に出てくるご一家=フランス人に対して

憧れの気持ちを持ったからではないか?

 

こういう人になれたら楽しそうだな!

こういう生活出来たら素敵だな!

と、感じていたからなのではないか?と

考えた。

 

正直、私が今まで読んだ本には

書かれてない事だったと思います。

自分という人間を確立させ、自分の意見を

伝えながらも周りの人も受け入れられる器も

持っている…

そういう方々もいるんだな…と

初めて読んだ時は衝撃を受けました。

 

何が衝撃的だったか?

自分の意見を人に堂々と伝えられるなんて…

ちゃんと自分の考えを持ってるなんて…

すごいな…

そこに対してすごく衝撃を受けました。

それは、その当時の私は‘自分の意見’を

持っておらず、その為に自信を持って

発言する事が出来なかったから。

そして自信を持って自分の意見を発言する

フランス人の方のお話しを読ませて頂いて

私だったら人にどう思われるか?

人に嫌われたらどうしよう?と思うな…と

この本を読みながら感じていました。

そう感じたのは、私が周りの人の目を

気にしていたからです。

 

最近、本棚から出してきて

久々に読んでみました。

今読んでも面白いと思いましたが、

あの頃と変わった所…

それは、

「食を楽しむ」というページにしか

興味を示さなくなった事。

それはなぜか?

自分は全然食事を楽しめてなかった。

1つ1つの食材と向き合う事なく

ただ、食べていただけだと感じたからです。

 

生きていくために食べていると思う。

それなのに、ただ食べているだけなんて

もったいないな…。

このトマト甘いなぁ…産地は?

このお味噌汁いいお出汁出てるな…

どんな食材で作られているんだろ?

ご飯が甘いな…お米変更したの?

 

人間は五感で感じる事が出来る生き物だ。

その能力があるのに、生きてる間にフル活用

しない事に対してもったいないなと感じたのだ。

五感をフル活用するようになってから

1回1回の食事が楽しみになった。

ゆっくり噛みながら食べていくと

食材に興味を持てるようになった。

家族と食材について話せるようになった。

そのおかげで腹八分目でも満足出来るように

なった。

やっとあの本が伝えてくれてる事が

理解出来たと思った。

 

それから、その他のページについてですが

大変申し訳ないのですが、現在読む事は

ありません。

ページをめくってもいません。

 

なぜか?

それは、自分の意見を伝えられるようになり、

少し自分に自信を持てるようになった事。

そしてあの本の考えはフランス人のご家族や

作者の方の考えであり、私の考えとは

合わない部分もある事に気付いたし、

みんながみんなフランス人の皆様の真似をする必要もないのだと感じたからだと思います。

 

ありのままでいい。

私は私のままでいい。

誰かの真似をする事はもう終了。

人の目や意見を気にする事はない。

胸張って、「これが私です!見て下さい!」と

歩んでいけばいい。

正直に、素直に、もう自分に嘘をつかずに

生きていけばいい。

 

今はそう感じています。

 

下記の文章は、私がTwitterにupした文章です。

(大体同じような内容だと思います。)

こちらもお読み頂けると幸いです。

 

↓↓↓↓↓

 

この本を読んでから、フランス人に

興味を持ち始めた。
食に対して真剣に向き合い、美にこだわりがあり、自分を大切にし、自分の意見を持ちながらも他人の意見も尊重していて、人は人 自分は自分という考えを持っている所、そして物を大切にして丁寧に暮らしている所に感銘を受けた。

 

自分の気持ちを完全拒否する事も
やめたのだ。
その気持ちは消化されないまま、自分の心の中で大人しくしているのではないだろうか?
分かってくれないんだね…
わかったよ…と感じながら 

居続けるのではないだろうか?
それでは自分の心がかわいそうだと感じた。

 

第2章は自分の心が感じた事を無視せず

対話しながら過ごしていこうと思う。
これまでごめんね…
これからは一緒に同じ方向へ進んでいけたら

嬉しいな…
末永くよろしくお願いします!
同じ方向へ進んだ先により幸せな未来が

待っていると信じて…。

 

 

 

 

いかがでしょうか?

言葉足らずな部分もあるな…と思いましたが

そのままupさせて頂きました。

最後の文章を読んで、えっ?と思った方が

いらっしゃるかもしれません。

 

実は、心が感じた事は潜在意識にも伝わる

という事に、今気付いたのです(^^;;

潜在意識にお任せして、心が感じたままに

無意識に過ごしていけば

自分が望んでいた未来に

出会えるのではないか?

心が今よりさらに素敵な場所へ

案内してくれるかもしれない…

 

その事を知らないままブログに

掲載していたため、言葉足らずな部分がある

文章になったのだと思います。

 

頭で考えるまま過ごしていた時は

壁にぶつかる事も多く、望んだ道とは

全く違った道を歩んでいました。

ただ、その分学べた事もあるかと思います。

また昔の自分に感謝の気持ちが

湧いてきました。

 

皆様はどういう未来を

見ていらっしゃいますか?

皆様の未来が、自分が本当に望まれた

素敵な未来でありますように!と

祈っております。

 

最後まで読んで下さった皆様

ありがとうございました。

 

次回は、外出先で感じた事を投稿しようかと

考えています。

読んで頂けると嬉しいです^ ^

それではまた!

SNSについて

こんにちは!

前回投稿してから、だいぶ日にちが

経ってしまいました。

今回の投稿は、前回お約束していた

「SNS」についてです。

(えっ?誰との約束かって?

それは自分との約束です。)

ずっと自分が感じていた事を

整理してみました。

お読み頂けたら幸いです。

 

これまでの私は、

SNSが1番大切…

SNSが私の全て…

SNS上で出会って下さった皆様に

嫌われたらどうしよう…

私も話題に加わらなければ!…

と、必死になっていました。

その当時の楽しみはSNSでした。

SNSで情報を得る事で頭の中がいっぱい

でした。

 

それはなぜか?

私の趣味に必要な事がSNSに

全て集約されてるからです。

何か新情報があれば、一早く知りたい!と

思っていました。

そのために、1日中SNSを見ていました。

正直見るのが辛いな…と思っていても

見ていました。

私は、自分の心の声を無視して

SNSを見入っていました。

今思えば、あの頃の私は自分に

申し訳ない事ばかりしていました。

SNSもその1つです。

 

しかし、最近になって

気付いた事がありました。

それは私にとってSNSというものは

大好きな芸能人の情報を得るために

必要なツールであるので

本来なら楽しんで見れるはず。

 

それがいつしか疲弊するようになったのは

だんだん情報を追いかけるのが

苦になってきたから。

人の考えに触れるのはいいと思うけど

その考えに影響されてる自分がいて

固定概念というものが出来上がってしまって

いたから。

自分の意見がなかった事を教えて頂いて

ありがたいなと思う気持ちと同時に

人を気にしている自分がいた事に

気付かせて頂いたから。

皆様と同じ方向を向かないといけない!と

思っている自分がいたからだと感じています。

 

そう思っていたのは自分自身であって

人のせいではありません。

人は人、自分は自分という考えが

再び目を覚ましたからです。

周りの皆様のせいにする自分とは

お別れしたから。

〜しなければならない、〜でないといけない

という固定概念ともお別れしたから。

 

内観して自分の気持ちを整理していった結果、

人と同じでなくても大丈夫!私は私でいい!

自分が本当に楽しければ見たらいいと思うし

疲弊しているなら見るのをやめたらいい!

無理しなくてもいい!という方向に

変化していき、すごく気持ちが

楽になりました。

 

以前の私は、寝ている時以外は

ずっとSNSを見ていましたが

今は、3時間くらいに減ったと思います。

自分のペースで楽しみながらSNSを

続けていったらいいのではないか?と

アドバイスして頂き、なるほど!と

ほっと一安心出来ました。

どこか肩の荷が降りたような気がしました。

 

それなら人の意見に影響されているのでは?

私は、人からアドバイスして頂いた事を

実践するかしないかは、その人次第だと

思っています。

気になるからずっとSNSを見ていると

いう方もいらっしゃるかもしれませんし、

私のように、じゃあこれからは

自分のペースでいこう!と思う方が

いらっしゃるかもしれません。

 

人の意見を聞かせて頂く自体は

構わないと思います。

その意見をお聞きして自分はどう感じた?

自分は本当はどうしていきたいのか?

それが1番大切だと、私は考えています。

 

SNSをやり続けていて

本当はあまり見たくないな…と

感じている方もいらっしゃるかと思います。

私ならどうアドバイスさせて頂くだろうか?と

考えました。

私なら…

とりあえず1日だけSNSから

離れてみられてはどうでしょうか?

1日中気にならなかったならば、

2日目、3日目…と

続けていかれてはどうでしょうか?

それと見る時間を減らしてみては

いかがでしょうか?

以前の私のように寝ている時間以外は

ずっとSNSを見ている方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

もし見るのが辛くなってきたら

スマホを置き、家族や友人とお話しする時間、

外出される時間、その他の趣味を楽しむ時間に

変えてみられるのはどうですか?

SNSでも感じられる事がありますが

SNS以上に温かい気持ち、優しい気持ちが

感じられる時間を過ごせるかもしれないと

思っています。

 

偉そうに思う方がいらっしゃるかも

しれません。

申し訳ありません。

ただ、私はこう思います!という意見を

書かせて頂いております。

 

どうしたいのか?

それは自分の心に耳を澄ましてみて

本当の声を聞いてあげてから

お決めになられば宜しいかと思います。

よければ、参考にしてみて下さい♫

 

次回は、Twitterに投稿していた記事を

ブログに載せてみようと思っています。

そして、今の自分がまた新しい事に

気付いたら文章を付け加えてみます。

そちらもお読み頂けると幸いです。

 

最後まで読んで下さった皆様

ありがとうございました。

それではまた!

 

 

 

 

 

選挙について

こんにちは!

今回は、昨日行われた選挙について

綴っていきます。

 

昨日、地元で選挙がありました。

実は・・・何年かぶりに選挙に行きました。

理由は、選挙の投票日って日曜日ですよね?

日曜日は、バイトが忙しくて

休めなかったので行ってませんでした。

期日前投票しておけばよかったと思うけど

 超めんどくさがり屋な私は

 せっかくのお休みの日だから

   投票しに行こう!

 という気になれなかったのです。)

 

そのような感情を持っていた私が

昨日久々に選挙の投票に行った理由

それは・・・

・選挙権が与えられているのにもったいない

・投票した人だけがあれこれ言っていいと

   思った

・地元をよりよくしてくれそうな人を

 人任せにせず、自分で選ぶ

 

この3つです。

 

私がこの街の議員を選ぶんだ!と思うと

ドキドキしましたが、とてもいい経験に

なりました。

 

今朝、選挙の開票結果を見てみました。

すると、お1人は当選、

そしてお1人は落選でした。

「えっ?あの方当選なの?

 うーん・・・なんか納得出来ないけど

 (この方の公約いいぞ!という

       気持ちにならなかった。

  お金使いすぎじゃない?って

       正直思った。)

 当選したのなら仕方ないか・・・。

 この街を頼みますぞ!」

 

投票したから、このように堂々と語れると

思うのです。

あぁ・・・

今朝投票結果見てからずっと思ってた事

言えてスッキリした!笑

 

今度は何の選挙があるかな?

その時また足を運んでみます。

 

次回は、私を悩ませているSNSについて

感じた事を綴っていきます。

それではまた。

 

 

学んだ事その③~美容院編~

おはようございます。

本日は、先月美容院へ行った後

気付いた事を綴っていきます。

 

皆様は美容院を選ぶ時

何か気になったりしますか?

私が一番気になるのは、接客面です!

基本的に、接客で不快な思いをしたお店には

二度と行かないようにしています。

 

今回は、何十年か前に地元にある美容院へ

行った時のお話しです。

 

私は、自分で前髪を切るのが苦手なので

いつも美容院でお願いしています。

(大事な大事な成人式の日に

   自分で前髪を切ったのはいいのですが

 短くなりすぎて親に怒られてからは

   一度も自分で切ってません。

 練習してみようかな?)

当時店内は少し混んでいたと思います。

店員さんに

「すいません・・・前髪カットだけ

   お願いします。」とお願いすると

嫌な顔をされました。

(店員さんの気持ち

    今ならわかる気がするな。

 私も同じような対応になるかもしれない。

 ただ、接客業ですからね?

 自分の気持ちが顔に表れるのは

    私も含めてどうかと思う。

 そういう事言われるのが嫌なら辞めれば?と          

    感じました。) 

接客面を重要視している私は

その美容院に一切足を運ばなくなって

いったのです。

 

ところが、先月急な用事が出来て

家族でお買い物をしている時

「私、前髪だけ切りに行くけど

   一緒に行く?」と

妹に声をかけられました。

(正直あそこの美容院好きじゃないけど

   白髪が気になるから行ってみようかな?)

と、感じた自分がいたので

何十年かぶりに、その美容院に

足を踏み入れたのです。

 

接客面は相変わらずでした。

仏頂面だったな。

 その時は何も思わなかったけど

 接客業していた時の私は

   こんな感じだったんだな・・・

 と、改めて気付かされました。)

 

ただ、カラーは上手だし

ちゃんと長時間おいてくれるし

(私の場合、20分~30分

   おいてもらわないとカラーが落ちやすい)

シャンプーの手つきもいいし

(あれ?意外といいじゃん!

   これからここに通おうかな?)

と、思ったのです。

あれから3週間経ち、一部色落ちしましたが

ほとんど綺麗な状態を保っています。

本当にありがたいです(´;ω;`)ウッ…

 

この出来事を振り返ってみると

物事を柔軟に捉えられない自分がいる事に

気付きました。

一方向から見るのではなく

多方面から物事を見れる目を

養えばいいのでは?

そして、原因を作ってるのは自分だったのに

周りのせいにしていたこと・・・。

<全ての源は自分>という言葉を

思い出しました。

そして、いい面を見つける事が出来た自分も

褒めてあげようと思うのです。

少しずつ成長していってるな・・・と

感じました。

 

いい面があると知れたので

これからカラーをお願いしに

ちょくちょく伺うと思いますが

どうぞよろしくお願い致します!笑

 

次回は、地元の選挙に行った

お話しをさせて頂きます。

それでは、また!

学んだ事その②~家族編~

こんにちは!

本日は、学んだ事その②について気付いた事を

綴っていこうと思います。

 

皆さん、ご自分の家族は好きですか?

私は今は自分の家族は大好きです。

ただ、幼い頃は両親がすごく苦手でした^^;

どうしてなんだろう?と深く掘り下げていき

原因を突き止めました。

 

まず、家族の紹介からさせて下さい。

父親は、心配性で神経質、

押しつけがましい所があります。

強制させるような言い方をされると

「いちいちうるさいんだよ!」と反発する事がしょっちゅうあります。

しかし家族の為に頑張ってくれて優しい所も

あります。

父親が頑張って働いてくれてるおかげで、

我が家は念願のマイホームで

生活出来ています。ありがとう!!!!!

母親は、自由気ままでわがままで、

自分の意見は曲げないタイプ。

そして放任主義

適度に放っておいてくれるので

助かっています。

妹は、母と同じような性格で、

常識知らずな人が大嫌い!

そして細かい事を言ってくる。ネガティブ。

ただ、人を笑わせる才能はあるようです。

その発想力は素晴らしいと思う。

 

幼い頃、両親に厳しく育てられ、

言う事聞かないと怒られ、

叩かれたりしてました。

(注:虐待ではありません。しつけです。)

まぁ・・・自分が悪い事したので

怒られて反省する・・・のは

今から考えると納得出来ます。

(当時は何で??と思ってました。

   自分を客観視出来ていなかった。)

しかし、叩かれるのだけは嫌いでした。

正直・・・その事で両親に嫌悪感を

抱いていたんだと思います。

 

何で私だけ悪い事したら叩かれるの?

妹が悪い事した時は何もしないくせに・・・

私の事がかわいくないのかも・・・

と、感じていました。

 

最近になってわかった事があります。

両親もそういう風に

育てられてきたんだな・・・

だからと言って同じ事するんかい?と思うけど

その育児の方法しか

知らなかったのかなぁ?・・・

私は長女なのですが、長女だからと言って

何で厳しくしつけないといけないのか

私には全く理解出来ませんが

そういう環境で育ってきた人達なのかな?と・・・。

そういう考えにシフトすると

それなら・・・許してやるか?という気持ちが

芽生えてきたのです。

 

そしてこの日記を書きながら

毎晩夜泣きして、寝る時間も

少なかったのではないだろうか?

まさかその原因が病気だと知って驚いたと

同時に困惑したのではないだろうか?

怒られるような事ばかりしている娘に

手を焼いていたのではないだろうか?

 

こういった考えが浮かんできたのです。

 

そういう風に考えられるようになると今度は

(ありがたや・・・ありがたや・・・)と

心の中でつぶやく自分がいました。

 

これほど、自由気ままでわがままで

心配かける事が多い娘でも

ここまで育ててきてくれた事が嬉しい

(´;ω;`)ウッ…

愛してくれる事が嬉しい(´;ω;`)ウッ…

 

私は、<私>のままでいいんだ!

ありのままでいいんだ!

いい子を演じる必要は全くないんだ!

もう十分愛されてるから。

こう感じるようになった自分、スゴイぞ!

 

あっ!!

今、胸がスーッとしたのがわかりました。

両親に対する恨み、憎しみが無くなり

反対に愛情が湧き上がってきたのだと

思います。

 

私はなんて幸せ者なのだろうか・・・。

本当にありがとう・・・。

 

 

 

次回は、一度行って苦手になってしまった

美容院に再度行った時のお話しをさせて

頂きます。

よろしくお願いします!!

 

 

学んだ事その①~職場編~

今回は以前勤めていた

茶店での勤務を振り返り

感じた事を書いていきます。

 

私が勤めていた喫茶店

働き始めた頃はおじさんばかりで

気の合う人ばかりでした。

(おじさんと話してると気が楽になってる

 自分がいました。

 ワガママ娘の他愛もない話しを

 はいはい!って聞いてもらえて、何でも話せて

 安心出来る居心地がいい職場だったからかな?

 まるでお嬢様のようだったからでしょうか?)

次第に学生さんが増えていき

退職する頃は、私と先輩以外は

ほぼ学生さんでした。

(自分より若い人は苦手だなぁ…と

 ずっと感じていました。

 それに…

 私が話しを聞かされる方だったからかな?

 話す相手がいなくなり、寂しくなり、

 だんだん落ち込んでいったんだと思います。)

 

働き始めた頃の私はと言うと

最初は人見知りで、口下手でおとなしかったんです。

毎回緊張しながら勤務していました。

(初の接客業だったのでビビりながら

 勤務してました(^^;;  )

徐々に新しい環境に慣れていった私は

感情むき出しで、思った事をそのまま口に出す

ワガママ娘である、ありのままの自分で

過ごすようになりました。

(何を言っても受け止めて下さり

 相談に乗って下さってた皆様に

 感謝しています!

 本当にありがとうございました!)

 

月日が流れ

ありのままの私でも相手にしてくれるおじさん達が異動して、だんだん若い人達が増えていきました。

若い人達が増えたけど大丈夫!

どんな会話したらいいかわからないけど

何とか仲良く出来るかな?と

思っていたんです。

最初は…。

 

ありのままの私(感情表現豊かで、思った事を

そのまま口に出す)で後輩達に接していると、

嫌われてるのかな?と感じ始めました。

その時、私が取った行動は…

周りの人達と距離を置き壁を作る!!

(今ならありのままの自分でガンガンいける

 と思いますが、この時の私は弱虫だったんだ

 と思います。)

 

今振り返ると、周りの人達の事は気にせず

ありのままでいたらよかったのではないか?と

思います。

ただ、当時の私は

「人にどう思われているのかな?」ばかりを

気にしていたのです。

 

そして、周りの環境が変化していくにつれ

<周りの人達を気にする自分>

<仕事出来ないと悪口言われるし

  愛されないんじゃないか?

  バカにされるんじゃないか?>

<いい人でいた方が楽だな>     と

感じている自分がいました。

 

若い人達のせいではありません。

自分と合う人が退職していった事でも

ありません。

自分と性格が合いそうな人がいなかったのが

原因でもありません。

 

全て、自分の問題だったのです。

周りの人達の目を気にしすぎて

本当の自分を抑えつけ

いい人を演じていた自分の方が

問題だったのだと

最近になって気付いたのです。

 

今の自分がその時の自分に

声をかけてあげるなら…

 

あのね…周りの目を気にして自分を抑えつけて

本当の自分を出せなかったなんて

もったいなかったと思うよ。

ワガママな人だな…自己中な人だな…と

感じた人もいたよね?

ただ、今振り返るとさぁ、そういう人の方が、

常に自分を見失わない、ありのままの自分で

いる人の方が愛されてなかったかな?

私みたいにいい人演じてる人の方が

どうでもいい人って感じで思われてた

そのような扱いをされてた気がするよ。

 

自分を大切にして

本当の自分に出会えたおかげで

気付けたんじゃない?

少しずつ進歩してんじゃん?

逃げずに取り組んできてよかったね。

 

頑張れてるなぁ…今の私!

 

これからはブレない自分、ありのままの自分で

過ごしていこう!

大丈夫!このまま進んでいけー!

 

 

次回は、学んだ事その②を書きます。

よろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学んだ事

前回の投稿で、出版企画書を送付したお話しを

させて頂きました。

 

不採用だと知り、最初は落胆しましたが

気持ちを整理すると

「不採用になったけどいい経験になった。

   出版企画書の存在を知らずに生きてきたけど

   未知の世界に足を踏み入れてみただけでも

   すごいぞ!」

と、その時は思ったのです。

 

ただ、内省する時間が多くなり

本当の自分が顔を出してきた時

「出版しよう!と以前思っていたけど

   あの夢どうなった?本当にやる気あるの?

   200%ある?」

と、再び自分に問い掛けてみました。

するとその答えは…No(ー ー;)

 

おいおい!言ってる事が違うじゃないか?と

自分でも思いますが、私…

夢がコロコロ変化するのです!笑

そして言ってる事も

コロコロ変化するのです!笑

 

あっ!これいい!これしよう!と思い立ち

やり始めますが、飽きるのが早い(><)

途中で投げ出して全て中途半端(^_^;)

 

そういう自分ってダメなんだな…

何で最後までやり通せないんだろ…

と、自分を責めてた時期もありました。

(責めてるだけでは何も変わらない事に

後々気付く^^;)

 

うん!あのね…自分を責めるのは卒業しよう!

(自分を責める→落胆する→はい終了!→

何も学ばないまま進んでいく…の繰り返し

だった事を思い出した。)

何でブレたらダメなの?と今は思うんだけど

それは誰かのようになれたら嬉しいな!と

思ってたからじゃない?

周りの人の影響を受けたからじゃない?

他の誰かになろうとしなくていいよ。

私は、ありのままでいたらいいんじゃない?と

その時の自分に声をかけてあげたくなる…。

 

やってみよう!と思い立ち

即行動に移した自分…

 

出版企画書の作り方を教えて頂く機会なんて

滅多にない事なのかもしれない。

この講座おもしろそうだし

なんかワクワクするから参加してみよう!と

思えた自分…

 

講師の先生の講座を受講せずに

出版企画書を作った自分…

(お金の事もありましたが、1番はこの先生の

講座にお金出して通いたいと思う?と自分に

問い掛けた結果、No!だったから。

ワクワクしなかったから。

それに偉そうな人苦手だな…と感じた。)

→平気な人もいるかもしれないけど、私は

   あなたのどこが偉いわけ?と思う。

 

どこの出版社に送付するか考えた自分…

 

実際に出版企画書を送付した自分…

 

その経験は、私の財産になるのでは?と

思いました。

そして、意外と行動力があるんだな…と

気付く事が出来ました。

 

 

これから成長していくにつれて

また何か気付く事があるかもしれないな。

 

本当の自分に出会う旅を続けていこう。

立ち止まってもいいから前に進んで行こう。

 

私なら出来ると信じてます!